iso取得の際は細分化された規格の中からベストなものを選択

iso取得

isoの自己適合宣言

女性

iso取得にあたり、isoの審査をおこなう企業からお墨付きをもらうのではなく、自ら、自己適合宣言を発表する企業がありますが、自己適合宣言とは、いったいどういったものなのでしょうか。
iso取得のための正式なプロセスは、社内でiso規格に適合するためのマネジメントシステムの変更や製造プロセスの整理、製品の製造過程の改良などをおこない、審査会社にiso規格に適合しているかどうかの審査をおこなってもらって、iso規格に適合していることが証明されたら、iso認証マークを公式に表示するという手順で実施されます。
自己適合宣言とは、その正式なプロセスをふむのではなく、自社で独自にiso規格に適合するための取り組みを行い、iso規格番号に適合しています、という宣言を行うという方法です。
実は、正式なプロセスをふんでiso取得をしようとすると、そのための費用はかなり高額になってしまいます。iso取得はしたいけれども、そのための資金が不十分な場合には、自己適合宣言を活用することによって、iso取得のための費用を削減することができるのです。
とはいえ、もちろんウソを言ってしまっては元も子もありませんので、しっかり気をつけて宣言しましょう。

iso構築時の注意点

現在、作業の効率が良くない場合などに対する対策としてiso取得を考えている企業もあると思います。isoというのは、国際基準化機構という意味を持つ言葉で、現在行っている作業工程などを基準化し無駄を無くす事で作業を効率化することができます。そんなisoですが、取得したもののあまり効果が出ていないと感じている企業も中にはあると思います。そこで今回はiso構築時の注意点について書いていきます。
iso取得した後に、実際に運用をしてみると想像したよりも上手く効率化できていない場合や、複雑になったためややこしくなってしまった企業などがある中で逆に、作業の基準化をきちんと行うことができるiso構築に成功し作業効率も向上した企業もあると思いますが、その違いどのから来ているのでしょうか?
isoは基準化ということもあり、どの企業でも同じ工程を構築すると思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、それは勘違いであり、企業によって構築するisoシステムはそれぞれ違うのです。そのため、他社のisoシステムを模倣しただけのものなどではあまり効果を感じられない場合もあります。なのでこれからこれからiso取得を考える企業は、自社にマッチしたisoシステムを構築していくことが大切なのです。

isoの種類を選んで取得する

皆さんは、isoに種類があるのはご存知でしょうか?isoといえば取得することによって、企業信頼度の向上や作業の効率化など様々なメリットが存在するものでもありますので、多くの企業がiso取得を考えていることかと思います。しかしこのiso取得をする時には様々な種類から企業に合ったisoを取得する必要があるため注意が必要です。
では、isoの種類にはどのようなものがあるのでしょうか?isoは番号によって種類分けをされており、例えば顧客に対して質の高い商品やサービスを提供し、顧客満足度の向上を目的としている場合は、iso9001といった具合に振り分けられた番号によってisoの種類も変わってくるのです。
isoの種類は様々なものがありますが、その業種にしか取れないというisoはなく、あくまで目的を意識したisoでありますのでその企業に合ったものであればどの種類でも取得することは可能です。確かに、業種によって取得する割合の高いisoは決まっていますが、そのisoが最もその企業に合っているというのは、社内やコンサルティング会社としっかりと相談をした上で決めていくことが、より効果の高いiso取得をするためのポイントと言えます。


日曜診療を行っている大阪の歯科【大阪デンタルクリニック】は痛くない治療をコンセプトにしている為、歯医者が苦手な方から支持されています。ぜひお試しになってみてください。

最新記事一覧