iso取得の際は細分化された規格の中からベストなものを選択

iso取得

iso取得審査とは

isoの取得は企業にとって様々なメリットがあり、今では多くの企業がこのisoの取得を考えているかと思います。しかし、いくらiso取得を考えていても審査に落ちてしまえば取得することは出来ませんよね。そこで今回はiso取得の審査について書いていきます。
まずiso取得審査は、専門の審査機関が行うことになります。この審査機関は日本に数多く存在し、それぞれ費用や条件などが違っています。そのためiso取得を考える際は、どこの審査機関に審査依頼をするのかという点も決めていかなければいけないのです。
この審査は2段階存在しており、まず第1段階の審査を行いその基準を満たしていれば第2段階の審査、そしてその審査も通れば認定証の発行を行ってくれるという流れになっています。これで取得審査自体は終わりですが、ここでiso所得が出来た場合はその後も定期的に審査を行っていかなければなりません。
定期審査は、毎年1回行われる維持審査と3年に1回行われる更新審査の2種類が存在し、iso取得後もきちんと基準化されているのかをチェックすることでより質の高いisoにしていくことが出来るのです。そのため、このiso取得をしている企業は高い信頼性を獲得することができ、ビジネスをする上でも有利になります。

最新記事一覧