iso取得の際は細分化された規格の中からベストなものを選択

iso取得

iso取得は国内取引企業でも可能

皆さんはisoという言葉の意味はご存知でしょうか?isoというのは、International/Organization/for/Standardizationという言葉の頭文字を取った略語で、意味としては国際基準化機構というものです。
では国際基準化機構とは具体的にどのような意味なのでしょうか?
isoを説明する時に、多くの人が勘違いしてしまうことにisoは国際基準化機構という意味であるため、国際的な取引を行っている企業でなければ取得する意味は無いのではないかという点があります。
しかし、実際は国際取引を行っていない企業にも有効なものであると言えます。
isoの本来の目的と言えば、国際的な取引ややり取りを基準化することで、誤差を無くし流れをスムーズにするということなのですが、ここで構築される国際基準は、そのまま国内基準にも置き換えることができ、国内での取引しか行っていない会社でもisoを取得することによって様々な恩恵を受ける事が出来るのです。
このように、isoは国際的な取引をしている企業だけでなく国内の取引をしている企業にも適用することが出来ますので、現在国際的な取引をしておらずiso取得を諦めていた方は、ぜひ取得を試みて下さい。

最新記事一覧